2024/05/06 00:22

第38回は5月23日(木)開催!ゲストは奇術の伊藤夢葉さん!

視聴のお申し込みはこちら.gif

 

5月落語汎用0507.jpg

 

「志ん輔と仲間たち」は、古今亭志ん輔師匠の自宅稽古場からライブで落語やゲストとのトークやパフォーマンスなどをお届けする番組です。どこにいても気軽に落語家の話芸を楽しめます。 

2021年4月、寄席やホール落語会が休演になる中でも落語の楽しさを伝えたいと始めた当企画は、今春に4年目に突入いたしました。

引き続き、外出が難しい、遠方で寄席等には行きづらい方に楽しんでいただくべく、毎月趣向を凝らして開催を継続。もちろん、寄席にも通っている方、落語初心者の方々も大歓迎です。

 

■演目1紙屑屋

江戸時代の紙(特に和紙)は、今よりも貴重でリサイクルされていました。紙屑屋は現代でいうと古紙回収業であり、江戸時代のエコな職業といえます。

あるとき、働かず遊んでばかりいる若旦那が、紙屑屋へ奉公に行くことに。この若旦那は紙くずを拾い分ける役目ですが、真面目に拾い分けるはずもなく...。陽気な滑稽噺をお楽しみください!

※上方での別名は『天下一浮かれの屑より』。

 

演目2真景累ヶ淵 宗悦殺し~新五郎捕縛

真景累ヶ淵(しんけいかさねがふち)」は、幕末から明治期にかけて活躍した落語中興の祖・三遊亭圓朝師匠の創作落語で長編・傑作の怪談噺です。

今回の「宗悦殺し~新五郎捕縛」は序章にあたり、金貸しの宗悦が深見新左衞門に斬り殺されるところから物語が始まります。全体を通して複雑怪奇な因縁噺でありますが、演じることが難しくなかなか聴くことのできない演目です。

※志ん輔師匠が今年の横浜にぎわい座の独演会で故・桂歌丸師匠のリスペクト公演のため、4席に再編成したうちの1席目です。4月に横浜にぎわい座で披露した演目で、見逃した方にはまたとない機会となります。

 

ゲスト

奇術・伊藤夢葉さん

夢葉さんは、芸歴50年近いベテランで、コミカルに話しながら聴衆を引きつけるおしゃべりマジックが特徴です。ムチを打つことが得意で寄席でも必ず「ビシッ!」とされます。天井が寄席ほど高さの無い”志ん輔自宅”で蛍光灯を割らずに済むのでしょうか!?お楽しみに! 

 

■視聴者抽選プレゼント

出演者ゆかりの品の他に、宮崎本店より提供の「キンミヤ焼酎Tシャツ」、米経済紙ウォール・ストリート・ジャーナルより「特製多機能ペン」を予定しております。トーク中の抽選会をお楽しみに!

 

 

開催日時

2024年5月23日(木)19時~20時30分

※見逃し配信:5月24日(金)0時頃~28日(火)23時59分まで

出演

古今亭志ん輔、伊藤夢葉(ゲスト・マジシャン)

視聴料

1500円

 

 

 

☆見逃し配信は5日間!土日もゆっくりくつろぎながらご覧いただけます。

☆視聴者プレゼントも。当日、抽選会を開催!

初めてご覧になる方は、ぜひ過去のハイライト動画をご覧ください(Youtube)。

※開催に関する情報は随時、公式サイトやTwitterにてお知らせ予定です。

※諸事情により配信会場が変更となる場合もございます。あらかじめご了承ください。

 

 

視聴のお申し込みはこちら.gif

 

 

 

 

2 - コピー.jpg

 

4.jpg

2024/05/04 23:01

【第37回ダイジェスト動画公開!】

 

 

【終了しました】☆お申し込みはこちら

https://entry.mainichi.jp/app/shinsukenakama0430/

 

先日開催した第37回「志ん輔と仲間たち」。5分間にまとめたダイジェスト動画を公開いたしました。

見逃し配信で5月5日(日)23時59分までご視聴いただけます。

まだお申込みされていない方は、まだ間に合いますので、このゴールデンウィーク後半お家で演芸鑑賞はいかがでしょうか。

 

【開催概要】

日時:2024年4月30日(火)19時~20時30分

出演:古今亭志ん輔、布目英一(横浜にぎわい座三代目館長・チーフプロデューサー)

演目:三方一両損、抜け雀

☆ゲスト・布目さんの紹介や演目のあらすじやみどころはこちらをご覧ください。

https://note.com/shinsukenakama/n/n05b7e450c0c3 

2024/05/01 12:42

【見逃し配信と開催模様ご紹介】第37回志ん輔と仲間たち~ゲストは横浜にぎわい座館長・布目英一さん

 

37キャプ.png

 

  37キャプ02.png

 

minogashibotan.jpg

 

 

4月30日(火)に開催した第37回「志ん輔と仲間たち」。

演目は名奉行・大岡越前が登場する「三方一両損」と、無一文の男が宿代の代わりに雀の絵を描いたところから噺が始まる「抜け雀」の二席。

 

ゲストには、横浜にぎわい座館長で、演芸評論家でもある布目英一さんをお招きしました。

演芸全般に造詣の深い布目さんと志ん輔師匠のトークは話が尽きません!

 

見逃し配信は、5月5日(日)まで!オンライン配信は、天候や気候・時間や場所に左右されず、お好きな時に気軽にゆったりと楽しめることが特徴です。

ゴールデンウィークにぜひお楽しみいただけましたら幸いです。

 

☆配信の模様をnoteにてGIF動画でご紹介しています。下記ページよりご覧いただけます。

https://note.com/shinsukenakama/n/n05b7e450c0c3